彼氏に「素晴らしい!」って言わせるために食事にハマってます!

結婚するまでは両親・祖父母といった同居していたので、ぜんぜん所帯はやっていなかったぼくが結婚して、パパと共にくらすようになってから、すべて所帯をするようになりました。
料理、洗濯、洗浄…。両親も「今まで全くやってなかったのにできるの?!」といった心配していましたが、今はぜひなっているって分かったらしく、小言が減ってきました。

所帯の中でもトップハマっているのが、「夕食」だ。
殊に正誤無く、何でも食べてくれるので心配ではないのですが、何でも食べてもらえるだけあって、「これはうまい!」って言わせるのが苦しいんです。
基本的に何でも召し上がる、何でも美味いヒューマンって食に執着心がなく、振れ領域がないので「喜ばしい」という第六感がのろいみたいです。
やはりデイリー献立考えて、少しは頑張って作っているものですから、「旨い」くらいは言ってほしいですもんね。

亭主は野菜が好きなので、野菜がプラスだとほんとに高配列のようです。腹が情けないときがあるので、暖かいものが歓迎、など亭主の単なる狙いを把握して賢い!って言わせるべく毎年献立に悩んである。最近スロットが勝てないのはなぜ?